更新日:2021.07.26  公開日:2021.06.03

お役立ち情報

auひかりの対応エリアと未対応エリアの違いを徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KDDIが提供する光ファイバーケーブルを利用した「auひかり」は、下りで最大1Gbpsの通信速度を誇る超高速インターネットサービスです。
電力会社の光回線としてサービスを開始したauひかりは、関東圏を中心として全国に対応エリアが拡大しています。

NTT東日本および西日本が提供するフレッツ光と並び、全国的に加入ユーザー数が増加しているauひかりですが、一部地域では未対応エリアとなっている場合も…

そこで今回は、auひかりの対応エリアの確認方法と未対応エリアの場合の対処法について徹底解析しながらご紹介しましょう。

対応・未対応エリアができる理由

まず初めに、なぜ光回線には地域毎で対応・未対応エリアができるのか。そちらの理由から解析していきましょう。

超高速で安定した光インターネットサービスを提供する回線事業者には、日本全国に通信網を誇るフレッツ光のNTT東日本および西日本と、各地域の電力会社が独自に提供する光回線があります。

さらに、フレッツ光の回線を利用した光コラボレーションによる光コラボ事業者が2015年から新たに参入しています。

光コラボによる光回線は、フレッツ光の回線をそのまま利用するインターネットサービスです。
ドコモ光やソフトバンク光、ビッグローブ光などの光回線が含まれます。

一方で、電力会社であるKDDIが提供するauひかりは、ダークファイバー回線を利用した光回線です。

ダークファイバー回線とは、NTTが設置している光回線網のなかで使用されていないケーブルを活用する方法のことを言います。
auひかりの他にもSo-netが提供する「NURO光」や中部地域限定の「コミュファ光」、関西地域限定の「eo光」があげられます。

なかでも関東エリア限定の「NURO光」は、下りで最大2Gbpsの超高速インターネット回線です。

光コラボも含めてフレッツ光回線は、全国展開されているNTTの通信網を利用するため、エリアが限定されることはありません。
しかし、auひかりは、KDDIが電力を供給していない地域の場合は、未対応エリアとなってしまうのです。

それでも、auスマートバリューなどの独自のお得なサービスが豊富に用意されており、auユーザーにとって魅力的な光回線として人気となっています。

auひかりの対応エリア

KDDIが提供するauひかりの対応エリアは、こちら(KDDI正規販売代理店フルコミット)のauひかりを申し込みサイトのエリア確認ページもしくは下記のエリア確認フォームから判定することができます。

エリア確認の項目から氏名、電話番号、郵便番号、お住まいの住所、住宅タイプ(戸建または集合住宅)、利用状況を選択する事で入力情報から対応エリアの判定が行われ、専任のオペレーターから電話にて案内されます。

area

(KDDI正規販売代理店フルコミット)

都道府県別auひかり対応エリア

2021年時点のauひかりの都道府県別の対応エリアは以下の通りです。

【北海道・東北地方】北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県

【関東地方】東京都・茨城県・神奈川県・栃木県・千葉県・群馬県・埼玉県

【中部地方】山梨県・新潟県・長野県・富山県・石川県・福井県

【中国地方】鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県

【四国地方】香川県・愛媛県・徳島県・高知県

【九州地方】福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県


【関西地方】滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県

【東海地方】岐阜県・愛知県・三重県・静岡県

【沖縄地方】沖縄県

※上記3地方はauひかりホームのみ未対応となっています。

   詳細は下記項目の「auひかりホームの未対応エリア」をご確認下さい。

フレッツ光に及ばないものの、auひかりを利用できる地域は全国に拡大しています。
しかし、対応エリア内であっても、マンションなどの集合住宅にお住まいでauひかり回線が導入されていない建物の場合は、個別での契約はできないので注意が必要です。

住宅タイプによっての対応の可否かは、専任のオペレーターに確認しましょう。

 

auひかりホームの未対応エリア

全国にエリアが拡大するauひかりですが、関西エリアと東海エリアは未対応エリアの可能性があります。

何故なら、関西地域では関西電力系の電気通信事業者である株式会社オプテージが提供するeo光が光回線をカバーしています。また、東海エリアは同じKDDI系列のコミュファ光が光回線の提供を行っています。
したがって、KDDIは競合を避けるために、戸建プランである「auひかりホーム」に限り未対応エリアとしています。

ただし、関西・東海エリアの方はauひかりが絶対に使えない訳ではありません!

auひかりマンションタイプの場合は、建物の通信環境によって契約は可能です。

こういったエリア範囲では一見、未対応と思っていても実は対応可能の場合もある為、導入を検討中の方は事前に申し込みサイトにて対応の可否を確認する事をオススメします!

誘導バナー

(KDDI正規販売代理店フルコミット)

 

都道府県別auひかりホーム未対応エリア

【関西地方】滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県

【東海地方】岐阜県・愛知県・三重県・静岡県

【沖縄地方】沖縄県

未対応エリアでも大丈夫!おすすめの対処法

「せっかくauひかりを申し込もうとしたのに、未対応エリアだった・・・」

「対応エリアだったけど住宅タイプの都合でauひかりを申し込めなかった・・・」

そういった方は、どうすればいいのでしょうか?

また、1から要望に合う光回線をネットで探すと言っても時間もかかり中々見つからないですよね。

ご安心下さい!

こちら(KDDI正規販売代理店フルコミット)のページ、もしくは下記のエリア確認のフォームからお申し込みをして未対応だった場合、お客様の入力情報などを基に対応している光回線からお客様にオススメの光回線をご紹介する事が可能となっています!

お客様の重要視している条件などを考慮し、専任スタッフが最良の光回線をご提案しそのままご契約まで行える為、1から情報を集めなおす必要もなく、お客様のご負担を軽減できます。

area

(KDDI正規販売代理店フルコミット)

auひかりの対応エリア・未対応エリアのまとめ

いかがでしたか?auひかりの対応エリアと未対応エリアについてご紹介しました。

auひかりが対応エリアの場合、auひかりはauユーザーを対象としたお得なauスマホの月額料金割引特典を始めとして他社回線からの乗りかえ特典、高額なキャッシュバック、auスマートバリュー加入でWiFiルーターの無償レンタルなど豊富な特典が用意されているのでお得にお申し込みできる魅力的な光回線となっていてかなりオススメです。

また、auひかりの未対応エリアの場合でも、お客様が満足頂けるような光回線をご提案させて頂いていますので是非、そちらも検討頂ければと思います。

auひかりに関するご相談はコチラ

auひかり

auひかりサービス提供エリア拡大中!

あなたの地域でもフレッツ光が利用できるか、
まずは無料でエリア確認してみましょう!

お得なキャンペーン実施中!

auひかりお申し込みサイトへ

関連記事

おすすめ記事