2020.09.03 | auひかりについて

【インターネット比較!】固定回線とモバイル型WiFiのおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
wifiルーター

インターネットに接続する際、様々な回線があります。大きく分けて「有線回線」と「無線回線」があり、選択肢がありすぎてわかりずらいインターネット契約…。
どこで契約したらいいか悩んでる方は非常に多いと思います。
「有線回線」は電柱から自宅まで直接配線をする回線の事で配線工事が必要で有線回線では光回線が主流となっています。「無線回線」は配線工事がなく無線通信を利用して送受信を行うLANシステムになります。
本記事ではあなたの利用環境に合わせて、快適、お得にインターネットが利用できるよう光回線と
モバイル型WiFiのメリット、デメリットについて解説し、光回線とモバイル型WiFi、それぞれでのおすすめのインターネット回線を紹介していきます。

※本記事は2020年8月31日に作成されました。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

光回線とは

光回線とは、光ファイバーを使用した回線(通信回線)の事である。
光ファイバーとは、ガラスや透明なプラスチックなどを細長く加工したものを柔らかい樹脂などでできた不透明なビニールのようなもので覆った構造の線材。光を離れた場所に伝送することができ、通信や照明などに用いられています。
一般的には、光ファイバーを自宅に引き込むFTTH(Fiber To The Home)を指すものとして用いられていることが多い。電話回線を利用するISDNやADSLの通信サービスに対して、光回線は、電話回線に比べて高コストであるが、非常に高速でありノイズ(処理対象となる情報以外の不要な情報)も少ないなど、様々なメリットがあります。

ウィキペディアを参照

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E9%80%9A%E4%BF%A1

光回線のメリット・デメリット

光回線のメリット

①通信速度が速く安定している
光回線の一番のメリットとしては、下り最大1Gbps(1000Mbps)での高速通信が可能です。
ADSLやケーブルテレビのインターネットはメタルケーブルを使用している為、電磁気ノイズなどの外部からの影響を受けやすい点、基地局から離れれば離れる程、不安定になるのが特徴です。一方で光回線は、光ファイバーを用いた回線である為、外部影響や基地局からの距離に影響なく安定した速度が実現できます。

速度の単位である「bps」とは、1秒間にどれだけのデータ量を転送できるかを示すものであり、数字が大きいほど回線速度が速く、1Mbpsであれば1秒間に約6万5千文字の日本語を通信できます。

②データ容量制限がない
光回線は通信容量を気にせず、インターネットが使い放題でたっぷり使えます。
家族や複数台の端末でも接続可能で快適なインターネット環境が実現でき、動画や音楽、オンラインゲームといったデータ容量が多いコンテンツを制限なしで楽しみたい方は、光回線の最大の魅力です。

③ひかり電話・ひかりTVが利用できる
オプションとしてひかり電話・ひかりTVにお申込ができます。
ひかり電話の場合、固定電話にかけた時の通話料が、日本全国どこでも一律3分8円(税抜)~です。月額基本料金が毎月500円(税抜)~とひかり電話を利用するのに必要なルーターのレンタル料300円程度かかるのみで、CATV電話やNTTより基本料金が安く利用できます。

ひかりTVの場合、アンテナ不要でテレビに回線をつなぐだけで地デジ、BS等が視聴できます。契約内容によってはスカパーやHuluなど、幅広く楽しむことができます。

光回線のデメリット

①回線工事が必要
光回線を利用するにあたって光ファイバーを自宅に引き込む工事が必要となってきます。開通までに時間がかかってしまうこともあり1週間から1カ月、長くて1カ月以上も開通までに時間がかかってしまうこともあり、回線工事が必要でそれに伴い「初期工事費用」が発生してしまうケースもあります。

②外出先ではインターネットを利用できない
光回線は固定回線であり、屋内でしか利用することができません。
そのため、外出先でインターネットを利用したい場合は携帯を契約しているキャリアの回線を利用するか、持ち運びができるモバイル型Wifiの契約が必要になってきます。

モバイル型WiFiのメリット・デメリット

モバイル型WiFiのメリット

①家でも外でもインターネットが使える
モバイル型WiFiは通信回線さえ通っていれば、家でも外出先でも場所を問わずインターネットの利用ができます。ルーターの端末もサイズはコンパクトで持ち運びもしやすく、外でインターネットをたくさん利用したい方や、スマホの容量だけでは不安な方でも安心して利用できます。

②工事不要でスグに利用できる
モバイル型WiFiは光回線とは違い回線工事が不要でルーターが届いたらすぐ利用できます。光回線とは違い配線ケーブルなど存在しないので部屋の中もスッキリで回線工事費用なども一切かからないので手軽にインターネットを利用したい方には大きなメリットの1つです。

③複数台の機器に接続が可能
モバイル型WiFiは持ち運びができる小さな端末ですが、接続できる端末は1台だけではありません。商品によって異なりますが最低でも5台以上(どんなときもWiFi参照)接続できるため、スマートフォン以外にタブレットやゲーム機にも接続が可能です。

モバイル型WiFiのデメリット

①モバイル型WiFiのバッテリーが切れたら使用できない
モバイル型WiFiは固定回線と違い、常にインターネットが利用ができません。
1日使い続けると、バッテリーがなくなり使用できなくなってしまいます。外出先での利用時に、モバイル型WiFiのバッテリー切れが心配な方は、別でモバイルバッテリーを携帯して利用する事をおすすめします。

②エリアや場所よっては接続が不安定になる
モバイル型WiFiも携帯やスマートフォンと同様にエリア圏外ではインターネットが接続できません。自宅がエリア圏内で使用できるのか確認する必要があります。また、エリア内でも利用者が多い時間帯や、場所によって通信状態が悪くなってしまうこともあります。

光回線とモバイル型WiFiのメリット・デメリットについて解説してきましたが、光回線、モバイル型WiFiでおすすめを紹介していきます。

おすすめの光回線

おすすめの光回線はauひかりです。
auひかりには複数の代理店があり、どこで契約したらいいのか悩みますよね。auひかりをお得に契約できるおすすめの代理店はauひかりフルコミットです。
auひかりフルコミットの魅力としては
・最大121,000円のキャッシュバック

他にもauひかりとしての魅力がこういったものがあります。
・最大1Gbpsの高速インターネット通信でストレスフリー
・初期費用相当額割引
・auスマートバリューでauスマホが永年毎月割引

インターネットを便利にお得に使えるサービスが満載で、快適なネットライフを楽しみましょう!

サイトはコチラ↓

auひかりお申込みサイト

おすすめのモバイルルーター

モバイルルーターでおすすめはWiMAXです。
WiMAXは現在、※1 2019年第4四半期(1月~3月)時点で3400万人を超えており※2【2020年ワイヤレスホームルーターサービス顧客満足度調査】にて昨年度に引き続き2年連続で総合満足度1位を受賞している信頼度も高い人気のWi-Fiサービスです。
※1 UQ WiMAX【公式サイト】契約者数ページ参照
https://www.uqwimax.jp/annai/kokai/keiyakusya/

※2 UQ WiMAX【公式サイト】参照
https://www.uqwimax.jp/annai/news_release/202005201.html
J.D. パワー2019-2020年ワイヤレスホームルーターサービス顧客満足度調査。2020年調査は1,100名からの回答による。jdpower-japan.com

WiMAXの中でもBroad WiMAXの魅力は
・月額最安級※1
・ギガ放題プランで月間データ容量制限なし※2
・端末代金0円
・ご契約後のサポートも充実・安心

※1各通信事業者のHPで公表されているWiMAX2+サービス29社の月額基本料の比較において。株式会社Link Life調べ(2020年8月時点)

※2 月間のデータ通信量に上限がなく、通信速度制限(月間7GB超)が適用されません。ただし、LTEオプション対応機種の場合、ハイスピードプラスエリアモードで通信速度制限(月間7GB超)が適用された後は、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信もその制限の対象となります。また、ネットワーク混雑回避のため、前日までの直近3日間でWiMAX 2+およびLTE方式の通信量の合計が10GB以上となった場合、ネットワーク混雑時間帯(翌日18時頃から翌々日2時頃(2017年2月時点))にかけてWiMAX 2+およびLTE方式の通信速度を概ね1Mbpsに制限します(送受信の最大速度であり、実際の速度は電波環境等に応じて1Mbps以下となることがあります)。ただし、2時前より継続して利用している通信については、2時以降も最大で6時頃まで制限が継続することがあります。この場合、一旦、セッションを切断すると速度制限が解除されます。エリア混雑状況により速度を制限する場合があります。

「初期費用0円」「契約解除料当社還元」でBroad WiMAXにお乗り換えできるキャンペーンや、万が一、ご満足いただけなかった場合に違約金負担なしでお乗り換えできるサポートもありおすすめとなっています。

サイトはコチラ↓

まとめ

今回この記事では、光回線とモバイル型WiFiのメリット・デメリットについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

■光回線がおすすめな人
・自宅でオンラインゲーム、動画視聴など家族でも頻繁に利用する人
・通信速度が安定していて通信容量をたっぷり使いたい人

■モバイル型WiFiがおすすめな人
・外出先でインターネットを頻繁に利用する人
・すぐにインターネットを利用したい人

自身のライフスタイルに合わせて光回線がいいのか、モバイル型WiFiがいいのか変わってくると思います。今回の記事を参考に自信の環境にあったインターネットライフを参考にしていただけたら幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございます。



auひかりに関するご相談はコチラ

auひかり

auひかりサービス提供エリア拡大中!

あなたの地域でもフレッツ光が利用できるか、
まずは無料でエリア確認してみましょう!

お得なキャンペーン実施中!

auひかりお申し込みサイトへ

関連記事
おすすめ記事